生命をささえる薬剤師 /

6年制薬学ガイド

い の ち

現在、薬学部には6年制と4年制があります。
6年制は2006年(平成18年)に開始された学科で、医療の世界で主体的に活躍する薬剤師の養成を主たる目的としており、
薬剤師の資格を得るには6年制学科を卒業する必要があります。
6年制学科の教育内容や卒後の進路について解説する目的で、毎年『6年制薬学ガイド』を発行しています。

編著:一般社団法人 日本私立薬科大学協会​


バックナンバーの各号より第1章の誌面を閲覧頂けます。

※無断転載を固く禁じます

※記事中の所属・役職・学年などの表記は取材​時のものです

6年制薬学ガイド2021

(2020年3月20日発行)

生命をささえる薬剤師
 

①在宅医療にかかわる
 ~医療人としての大きな責任感を持ち、

  その人の暮らし全体を支える~

 

②救命救急にかかわる
 ~生命の危機に瀕した重症患者の生命を守る~

繝上y繝・け繝翫Φ繝上y繝シ2021_1遶-1.jpg

6年制薬学ガイド2020

(2019年5月20日発行)

生命をささえる薬剤師


①救命救急における薬剤師の役割

 病態を判断し、治療薬を選択
 

②感染症治療の成績向上に大きく貢献
 

③AIを導入し、医療の質向上に貢献

 さらに重要となる人間力
 

④自宅で治療を続ける子どもたちを支える小児在宅医療

繝上y繝・け繝翫Φ繝上y繝シ2020_1遶-1.jpg

6年制薬学ガイド2019

(2018年5月20日発行)

小さないのちをささえる薬剤師
 

●小児医療専門病院の薬剤師
 

●在宅医療に携わる薬局の薬剤師

繝上y繝・け繝翫Φ繝上y繝シ2019_1遶-1.jpg