並んだ本

医療・薬業界の第一線で活躍するオピニオンリーダーが執筆
業界の未来を俯瞰し、変革の方向を提言する

​評言社MIL新書​

​新創刊

MIL Books /

評言社MIL新書のご案内

医療系の専門出版社である評言社とエニイクリエイティブは共同企画として「評言社 MIL新書」シリーズを新たに刊行します。
エニイクリエイティブは薬学生、薬剤師を対象にした情報誌『MIL』を通じて医療・薬業界を舞台に誇りと志を持って働く人々の取材を行ってきました。「評言社 MIL新書」でもその精神を受け継ぎ、医療・薬業の世界で信念を持って活動する方々によるメッセージを通して、薬業界内外に向けて問題提起を行い、社会課題の解決を提言していきます。

全国の一般書店、大学生協でお求め、ご注文いただけます。

Amazon、セブンネット、楽天ブックスからのご購入も可能です。

​評言社ホームページから各通販サイトへリンクしています。

評言社MIL新書 ラインアップ
001  狭間研至
002  鈴木信行
​003  池野隆光
009  遠藤邦夫  
010  杉林堅次  
以下、続刊
 
Wave

010/

​「想像」が「創造」を生む 薬学教育と薬剤師

著者 : 杉林堅次
    城西国際大学 学長
定価 : 1,100円(税込)
発行 : 株式会社評言社

     2021年12月16
     ISBN978-4-8282-C0728-5

「薬学」は素晴らしい学問であり、「薬剤師」は社会で最も重要な医療職の一つである。薬学を勉強する者、薬剤師は、知識や情報を得、「想像」したうえで、どう応用していくかを自分の頭で考え、「創造」していくことが大切なのだ。10年後、20年後の「医療」と「介護」を見据えよう。
学びに終わりはない。学び続けて「想像して創造」し続けてほしい。
新しく世に出てくるものをただ単に待っているだけでは不十分であろう。
薬剤師が、患者や生活者のみならず広くこの地球に過ごしているすべての人から、真に頼られる人材になることを期待する。

薬学をテーマにしたモノづくり、大学教育について……など、 学長ならではの目線で、幅広く薬学教育を俯瞰した一冊。

010杉林堅次.jpg
Bar Chart

009/

薬局と薬剤師の進化論
 薬局は3万店もあればいい 

著者 : 遠藤邦夫
    県立広島大学大学院教授
定価 : 1,100円(税込)
発行 : 株式会社評言社

     2021年11月25日
     ISBN978-4-8282-0727-8 C3234

薬局は数より「質」。
今こそ日本型医薬分業を完成させるチャンスだ!
新常態に適応し、国民にとって「欠かせない薬局」に進化を遂げよう。
薬剤師にとっては、プロフェッショナルの能力を存分に発揮する時代の到来である。

株式会社矢野経済研究所で長年医療介護分野の研究を行い、
現在は県立広島大学大学院経営管理研究科で教授を務める著者が、
コロナ後の薬局・薬剤師の進むべき道を考える。

090遠藤邦夫.jpg
大理石

008/

クリエイティブディレクターが起こす調剤薬局革命
 ネットワーク化で未来を考える

著者 : 橋本薫
    クラスAネットワーク会長
定価 : 1,100円(税込)
発行 : 株式会社評言社

     2021年6月1日
     ISBN978-4-8282-0724-7 C3247

概要 :数々の名だたるブランド、人気ショッピングセンターやリゾート、 ショップの企画やデザインを手掛けてきたクリエイティブディレクターが、50歳を過ぎて与えられたミッションは医療提供施設の改革だった!
生来のポジティブな性格から、さまざまな仕事に前向きに取り組んできた筆者が、薬局改革をどのように進めていくのか。
時代のなかで創り上げたこれまでの実績や、当時の思い、仕事観などとともに綴る注目の書。現在の薬局のあり方に疑問を抱いている経営者や薬剤師だけではなく、これからの医薬業界はもちろん、企画・デザイン業界を背負って立つ世代にも参考になる内容である。

9784828207247橋本薫.jpg
抽象砂

007/

高齢者がすてきに暮らせるまちづくり

 医薬品卸がつなぐ、はぐくむ、地域の医療

著者 : 杉本豊志
    株式会社ケーエスケー 上席地域包括ケア推進部長
定価 : 1,100円(税込)
発行 : 株式会社評言社

     2021年4月28日
     ISBN978-4-8282-0723-0 C3247 

概要 :医薬品卸会社の営業担当として、どうしたらより良い超高齢社会を迎えることができるのかを考えた。 薬剤師や医者、ケアマネージャーなどとともに、自分の立場でできることを模索し、 行動して見えてきたものは何なのか。
「地域包括ケアシステムの構築」をどのようにサポートし、推進してきたのかなどの ケーススタディを示すとともに、多職種連携や健康増進活動の継続性などの課題を浮き彫りにし、 その改善方法について提言する。

9784828207230_007杉本.jpg
Above the Clouds

006/

ポストコロナ時代の薬局ニューノーマル

 2040年を見据えた次世代薬局・薬剤師

著者 : 藤田道男
    次世代薬局研究会2025 代表理事
定価 : 1,100円(税込)
発行 : 株式会社評言社

     2021年4月28日
     ISBN978-4-8282-0722-3 C3247 

概要 :
ポストコロナ時代――薬局が目指す方向は明確である。
かかりつけ機能を有した「ヘルスケアのファーストアクセスの場」としての存在価値を、明確に打ち出すこと。地域生活者の健康寿命延伸に寄与すべく、健康サポート機能をいかに果たしていくかが、重要な課題である。

保険調剤のみに依存する薬局から「あるべき姿」の薬局へ。 薬局の再編・淘汰時代に生き残るためのヒントを読み取ろう。

9784828207223_006藤田道男.jpg

005/

薬学の壁

著者 : 都築稔
    日本薬科大学 副学長
定価 : 1,100円(税込)
発行 : 株式会社評言社

     2021年3月17日
     ISBN978-4-8282-0720-9 C3247 

 

概要 :
東京大学農学部を卒業し、サントリーの営業マンとして仕事をしていた著者が、結婚を機に薬科大学の運営を任されることに!
試行錯誤しながら薬科大学の未来を創造していく過程での、チャレンジや事件などが綴られ、薬学教育関係者のみならず関心をもって読み進められる内容。著者持ち前の前向きな精神から、紡ぎだされる言葉はいずれもポジティブで力をもらえる。

9784828207209都築稔.jpg

004/

地域包括ケア タネの蒔き方・育て方

著者 : 小原道子
    一般財団法人日本ヘルスケア協会 理事
定価 : 1,100円(税込)
発行 : 株式会社評言社

     2021年3月17日
     ISBN 978-4-8282-0719-3 C3247 

 

概要 :

地域包括ケアシステムの構築から地域共生社会の実現へ―
訪問薬剤師の先駆けとして地域に飛び込んだ。
在宅訪問、ウエルシアという民間企業で地域包括ケアセンターの運営、多職種連携、大学の特任教授となって地域連携、日本ヘルスケア協会理事としての活動など、自らの経験から「地域づくりのタネ」の育て方を綴る。

9784828207193小原道子.jpg

003/

差別化を以て戦わずして勝つ
誇り高き企業集団ウエルシアの挑戦

著者 : 池野隆光
    ウエルシアホールディングス株式会社 代表取締役会長
定価 : 本体1,000円+税
発行 : 株式会社評言社

     2020年11月11日
     ISBN978-4-8282-0715-5  C3034

 

概要 :
 『カンブリア宮殿』(テレビ東京)で対談した作家・村上龍は、「組めば、競争しなくて済む」ウエルシアのM&Aの極意だ。こういう企業は負けない。戦わずして、勝つ。と述べた。
売上高1兆円が視野に入ったドラッグストア業界のリーディングカンパニー・ウエルシア。M&Aによる規模拡大だけではなく、その成長には数々の秘策、奥の手があった。
著者・池野隆光は、経営の極意について、「仕事を通じて社会をよくしたいという考えがなければ、大きな変化には対応できなくなる」という。

 

201002_評言社MIL新書003_ol-03.jpg

002/

薬剤師の村松さん
地域とコラボするカフェ&薬局のカタチ

著者 : 鈴木信行 患医ねっと代表
定価 : 本体800円+税
発行 : 株式会社評言社

     2020年11月11日
     ISBN978-4-8282-0714-8  C3034

 


概要 : 
著者は、「薬局とは、地域の中で、他の業界とつながり、さまざまなコラボ活動を行い、日頃から顔の見える関係性を築き、そして、いざというときに頼れる存在である街の健康拠点である」という。その著者の描く構想をカフェと併設した薬局をモデルとして物語風に解説した。

 

201002_評言社MIL新書002_ol-03.jpg

001/

CIPPS到来! 業界大転換期を乗り切れ  
薬局マネジメントを劇的にバージョンアップする

著者 : 狭間研至 PHB Design株式会社 代表取締役社長
定価 : 本体1,000円+税
発行 : 株式会社評言社

     2020年11月11日

     ISBN978-4-8282-0713-1  C3034

概要 : 
医療の現場で患者の受療行動が大きく変わっている。COVID-19によって薬局業界にもたらされるパラダイムシフト(CIPPS)が現実となった。薬局も薬剤師も大きく変容していかなければ、アフター・コロナの時代には必要とされなくなるだろう。著者独自の「薬局ビジネス51年周期説」を読み解いていくと、今の薬局ビジネスモデルがどの位置にあるのか、これからどういうビジネスモデルが求められるかの道筋を示した。

 

201005_評言社MIL新書001_表1.jpg